同級生のヤンキーとの恋愛話|愛情深い彼を今でも忘れられない体験談

私は現在29歳、医療事務の仕事に就いています。

私が17歳の時に、ヤンキーの彼と交際したエピソードを紹介します。

ヤンキーの彼氏は私と同じ17歳、当時はお互い高校生でした。

中学生のときに同じ学校になってこの彼に出会いました。

そして高校で初めて同じクラスになって知り合いました。

服装はいきった感じの登り龍のジャケットを愛用していました。Tシャツとかのときは上下黒とかが多かったですね。見た目は目つきが悪いごろつきっぽくて、口調はすごく粗っぽかったです。しかし意外に優しかったです。

それまではあまり付き合いたいタイプじゃなかったけど、不良系の先輩の家で飲んだときに隣にいたのが彼で、見た目に似合わず優しくて「帰り危ないから」と夜遅くに家まで送ってくれたのに惚れました。

一番惚れたのはその彼の生き方というのでしょうか。自分の道を行く感じがすごくかっこよかったです。クラスでは怖がられていたけど、意外と優しいところも多くてそこに私は惹かれました。

そこから徐々にお互いが惹かれていき、交際することになりました。

ヤンキーの彼氏を持つと喧嘩に巻き込まれてしまうことも・・・

デートはだいたい彼の家でゲームしているか、それかゲーセンに遊びに行くかでした。たまに彼の友達に絡まれたけど、彼が守ってくれるようにいつもそばにいてくれたのでどこでのデートでも楽しかったです。

ヤンキーの彼氏を持つと、たまにデート中に喧嘩を売られたりすることがあります。私の彼氏もそういうことがあって、一度巻き込まれそうになって危ない目にあったことがあります。でも彼は相手に殴られようと何されようと私をずっと守ってくれて庇ってくれました。

最終的には近くを通りがかった大人に助けてもらったのですが、惚れ直しました

別れを後悔。愛情が深いヤンキー彼氏との交際は今でも忘れられない

しかし交際から1年ほど経ったとき、上の学年の怖い女の先輩が彼のことを好きで、私に取られたことを根に持って何度も呼び出しされたのです。

私はそれが怖くて、そのことを彼に話したら彼は身を引いてくれて、私たちは別れることになりました。

今でも別れたことをすごく後悔しています。

私のことをすごく大事にしてくれたのにあんなことで別れてしまった弱い自分が情けないです。あの時に別れなかったらと何度も考えました。

彼にはすごく大事にされた気がします。私にだけは怒鳴ったりしなかったし、すごく特別扱いしてもらいました。その点がすごく思い出に残っています。怖い目に遭うのは嫌だったけど、それ以上に愛情が深い人でいつも私を第一に想ってくれていたところが嬉しかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする