幼馴染だった彼がヤンキーへ。昔とは違う姿に惹かれ交際に発展した話

私は現在30歳で主婦をしております。

私が18歳の頃、同い年の当時大工をしていたヤンキーの彼氏と交際した体験談を紹介します。

元々彼とは幼稚園と小学校が一緒で私が社会人になり、たまたま居酒屋で再会したら彼がヤンキーっぽい感じに変わっていました。

服装は黒ジャージにゴールドのラインが入ったような感じで、髪は金髪、口調は普通でしたが言葉は粋がってるようなしゃべり方でした。

再会した居酒屋で意気投合し、何回か遊びに行ったあと付き合うようになりました。告白はなく、気がついたら付き合っていた感じです。

付き合ったらなんか面白そうだと思ったのと、昔は普通の小学生だった彼の今とのキャップに惹かれました。

気づいたら車がボコボコに。ヤンキーならではの怖い出来事も・・・

彼は日中仕事があるのでデートというデートがあまりできず、仕事が終わった夕方以降に居酒屋メインでドンキに行ったり、夜の街でブラブラしてました。

ヤンキーの彼は車も黒塗りセダンで、明らかにヤンキーが乗ってるだろうと分かるような感じで走っているので結構目立ちます。そのため駐車場に停車させてるだけで、ボコボコに車体が潰されていたり、ミラーが取られたり、タイヤのホイールだけ抜かれてることがしょっちゅうあり、怖い思いも何度かしたことがありました。

他の男性に目移りしたことがきっかけで破局へ。今では良い思い出

しかし交際して1年ほど経った頃、私が会社の同僚に惹かれてしまいました。その同僚はヤンキーな彼と同い年の人だったのですが、仕事にも誠実でとにかく見た目にも清潔感あり、好印象でした。その人を見てから彼を見ると一気に冷めて私が別れを切り出しました。

彼に合わせて私も服装が派手でした。金髪でヤンキーっぽい服装が出来る時期は限られるし、そうそうないので今では良い思い出だと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする