4歳年上の金髪彼氏との交際話|機嫌次第な彼にはもううんざり

私は現在40歳で主婦をしています。

私が高校1年生の16歳だったときに、ヤンキーの彼と交際した話をします。
当時彼は20歳で土建業に就いていました。

友だちのお兄さんの友だちだったので、友達の家に遊びに行ったときに彼も遊びに来ていて知り合い、一緒に遊ぶようになったのが出会いのきっかけです。

初めて出会った時、服装はジーパンにTシャツ髪型は短髪で金髪、いかにも見た目はヤンキーでした。
しかし口調は普通で優しかったのですぐ仲良くなれました。

友だちの家で頻繁に会い、みんなで一緒に遊ぶ中で今度2人で遊ぼうと誘われて、迷っていると、こちらの返事は無視で◯日に◯◯で待ってると言われ、その場所へ行くとドライブへ連れて行ってくれて帰り道に告白され、交際することになりました。

男らしく優しいけど、たまに相手を傷つけるようなことも・・・

交際を始めてから、彼の男らしく堂々としている面や、いつも笑顔で優しい面など、付き合って初めて見る顔を多く見ることができました。

デートは車でドライブが多かったので海へ行ったり観光地へ行ったり、毎月1回は映画を観に行ったりカラオケ行ったりもしていました。

しかし普段は優しかった彼ですが、運転中など他の車とトラブルになると車からおりて相手を傷つけようとしたりして、そのときに少し怖くなりました。

またいかにも怖そうな友人ばかりだったため、友人の職業聞いても不安に感じる方ばかりだったのが今でも印象に残っています。

彼の子供なところに耐えきれなくなり破局。機嫌次第な彼にはうんざり

しかし交際して1年、基本優しくて楽しいのに怒ったり機嫌が悪いと平気で無視をしたり怒鳴ったりすることが恐怖になったのと、運転中に他の人とのトラブルの様子を見ていてすごく子どもに感じてしまい、別れを決意しました。

別れ話をしたら激昂されましたが、なんとか別れてもらえました。

自分の知らなかった世界を教えてもらえたことには感謝していますが、とにかく機嫌次第で怒鳴ったりするところには耐えきれなかったので別れて正解でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする